LGBTQ情報

ノンバイナリーって?Xジェンダーやクエスチョニングと違う点は?

nonbinary_webtop

 

こんにちは、ユーキハル(@yuki_hal_)です。

体は女性だけど、自分の自認が男性か女性かよく分からない・・・。

そのように思う方もセクマイ女性の中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

性別と聞くとほとんどの人が「男性」か「女性」と答えますよね。

ただ、世の中には男女以外にも様々な性自認を持った人がいます。

性別は男性か女性か?が全てではないんです

そこで今回は、ご紹介したいのは男性でも女性でもない性「ノンバイナリー」について解説していきたいと思います。

 

まだあまり浸透していない性表現なので、聞きなれない方も多いかもしれませんが、最近ですと「宇多田ヒカル」さんがノンバイナリーであることを公表し、注目を浴びました。

 

そこで、Xジェンダーや、クエスチョニングとも少し異なる「ノンバイナリー」とは一体どんな意味なのか?

出来るだけわかりやすくまとめてみましたので、

  • 自分の性自認に迷いがある方
  • セクシャリティについてより理解を深めたい方

はぜひみてみてくださいね。

ノンバイナリーを知る前に

ノンバイナリーという性表現を知る前に、現在主に使われているセクシャルマイノリティの基本を表にしてみたので、見てみましょう。

身体的性性自認性的指向
レズビアン女性女性女性
ゲイ男性男性男性
バイセクシャル男女どちらも男女どちらも好きになれば男女関係ない
トランスジェンダー男女どちらも心と体が一致していない状態心の性とは違う異性を好きになる
クエスチョニング男女どちらも決まっていない決まっていない

性自認とは・・・自分自身をどの性別と認識しているか?ということ。
性的指向とは・・・どの性別が恋愛対象か?ということ。

このように、セクシャルマイノリティと一言で言っても、世の中には多くの価値感の人が存在します。

ノンバイナリーという性表現を学ぶ前に、これらの基礎を知っておくことが大切です。

ノンバイナリーとは?

gender

ノンバイナリーとは「自分の事を男性でも女性でもない性だ」と認識しているセクシャリティの事です。

 

レズビアンの場合であれば、「自分は女性だと認識しているけれど、同性の女性が好きになる人」のこと。

ゲイであれば、「自分は男性だと認識しているけれど、男性を好きになる人」のことです。

 

しかし、ノンバイナリーの人は、自身の性を「男性とも女性とも」表現しません。

全く新しい性としてこの世界に存在していると考えているのが、ノンバイナリーなのです。

この説明だけすると、Xジェンダーやクエスチョニングと似ているようにも聞こえますが、微妙な違いがあります。

 

そのあたりの違いを、次項以下で詳しく解説していきましょう。

Xジェンダーとの違いは?

ノンバイナリーと似ている性表現で「Xジェンダー」というものがあります。

Xジェンダーは、自分の事を「無性」と認識していたり、「両性」として認識していたりと様々です。

 

以下の表でわかりやすくまとめているので、ご覧ください。

性自認性的指向
Xジェンダー中性
両性
不定性
無性
好きになれば男女関係ない
ノンバイナリーどの性にも属さないと考える好きになれば男女関係ない

このように、Xジェンダーには既存の「男性」「女性」という表現の中で、自分の性を認識する価値観がありますが、ノンバイナリーにはその価値観がありません。

また、Xジェンダーの中には「その時に応じて、性自認が変わる」という不定性の方もいらっしゃいます。

 

無性という表現になると、ノンバイナリーの考え方に近付きますが、それぞれのセクシャリティで、根本的な考え方が違うのです。

ちょっと複雑なところですが、「自分を新しい性だ!」と捉える考え方って、素敵ですね!

 

Xジェンダーについては、以下でXジェンダー当事者(れいれい)にインタビューもしているので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

クエスチョニングとの違いは?

クエスチョニングとは「自分の性が男性なのか女性なのかはっきりと決まっていない状態」のセクシャルマイノリティです。

そのため、時には男性になったり、時には女性になったりします。

 

ノンバイナリーの方は、既に「自分を全く新しい性別」だと決めているので、性に対する捉え方が多少異なるのです。

また、クエスチョニングの方の中には「敢えて自分の性別を決めていない」という方もおおいです。

 

あえて決めていなければ、「全く新しい性」という考え方にも繋がり、その部分ではノンバイナリーと似ている考え方でもあるでしょう。

シンプルに言うと、自分がどの性別かよくわからない!と思うセクシャリティの方ですね

トランスジェンダーとの違いは?

そして、トランスジェンダーとノンバイナリーの違いです。

トランスジェンダーの方は、「自分の心の性」は男性か女性かはっきりと認識されています。

 

しかし、その心の性と自分の体が一致していない状態にあるのです。

一方のノンバイナリーの方は、そもそも自身の心の性も体の性も「男と女」という枠組みに置いていません。

 

そのため、トランスジェンダーとも考え方が微妙に違うのです。

ただ、トランスジェンダーの方の中には、ノンバイナリーの考え方に近い人もいるかもしれませんね!

既存の性の枠組みに当てはめずに、自分の事を表現できるかどうか?で大きく違いが出てきます。

ノンバイナリーと公表した芸能人は?

では最後に、自身の事を「ノンバイナリー」だと公言して活動し続けている芸能人をご紹介していきます。

宇多田ヒカル

1人目は「宇多田ヒカルさん」です。

宇多田さんは6月26日に行った自身のインスタライブで自分は「ノンバイナリー」だと発表されています。

世界の歌姫の衝撃の発表が大きな話題となりました!

 

とはいえ、宇多田さんがどんな性別の人と恋愛をしたいのか?を公言されたわけではなく、あくまでも「自分が男性でも女性でもない性だ」と言われただけです。

世界的に影響力のある宇多田さんの発表で、セクシャルマイノリティへの理解が今後も深まっていくことは間違いないでしょう。

以前からインスタの投稿では「Miss/Mrs/Msのどれを使えばいいか悩む」と言われていたこともあり、「やっぱり!」と思ったファンも多かったのかもしれませんね。

井手上漠

2人目は「井手上漠さん」です。井手上さんは2003年島根県出身の、ジェンダーレスモデルです。

産まれた時は「男性」として産まれられましたが、幼少期に出席した結婚式で、ウエディングドレスに興味を持ち、それからご自身の体の違和感を感じられていたそうです。

 

ご両親は井手上さんの違和感を全て受け入れて、性別にとらわれない生き方を尊重されたのだとか!

2018年に第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでは、DDセルフプロデュース賞を受賞。

それからは、ジェンダーレスモデルとして男性でも女性でもない美しさを表現され続けています。

西村宏堂

3人目は「西村宏堂さん」です。西村さんはアメリカと日本を中心に活躍されている、メイクアップアーティストです。

 

さらに、浄土宗の僧侶の僧籍も持たれているお坊さんでもあるのです。

「ハイヒールを履いた僧侶」という肩書でも有名なアーティストさん!

 

西村さんはご自身の事を「男性でも女性でもある中間にいる存在」だと仰っています。

そのためノンバイナリーとXジェンダーの間のようなセクシャリティの方だと言えるでしょう。

 

ただ、「今までのステレオタイプにとらわれない生き方」を強く望んでいらっしゃるので、男性でも女性でもない新しい性表現の「ノンバイナリー」の方がしっくりくる感じもします。

性別は2つだけでないことを知ろう

というわけで、今回は男性とも女性とも違う、新しいセクシャリティの「ノンバイナリー」について詳しく解説してきました。

 

今まで性自認がなんとなく女性だと思っていたけれど、ノンバイナリーの方がしっくりくる!という人もいるかもしれませんね。

既存の性表現だけにとらわれず、自分らしく生きることってとても大切なことです。

あなたももう一度自分の心の声に耳を傾け、より素敵な人生を過ごしてみましょう。

 

自分の性的指向にあった素敵なパートナーを見つけるにはマッチングアプリの活用も有効です。

ビアン女性ならビアン向けマッチングアプリ5選

トランスジェンダー(FTM)ならFTM・トランスジェンダーが出会えるアプリをぜひ利用してみくださいね。

あなたを理解してくれる素敵なパートナーに出会えるかもしれませんよ。

ABOUT ME
ユーキ ハル
2016年からレズビアン・バイセクシャル女性向けにイベントやオフ会を主催。累計で2000名以上のセクマイ女性の恋愛を支援してきました。 また、個別でセクマイ向けの恋愛のコンサルティングも行っています。