出会い

池袋の女性限定・レズビアンバーをご紹介!(厳選TOP3)

ikebukuro_bar_webtop

 

こんにちは、アラサーレズビアンのじゅういちです。

新宿以外の都心部で新しいビアンバーを開拓したい!

と思っている女性もいるのではないでしょうか?

 

ビアンバーや女性限定バーといえば新宿二丁目が有名ですが、実は池袋にも意外と多く、西口・北口方面には、女性限定バーが集中しています。

新宿からのアクセスが良好なので、池袋で飲んでから、新宿二丁目に行く女性も多くいます。

 

また、池袋は新宿二丁目よりもアットホームで入りやすい雰囲気のバーが多いので、新宿二丁目に行く勇気が出ない女性でも、池袋だったら行きやすい!という人も。

そこで今回は、池袋でおすすめの女性限定バーを3つご紹介します。

本記事を読めば、

  • 池袋にどんなビアンバーがあるか?
  • どんな雰囲気なのか
  • 金額帯

といったことを知ることができるので、新たにビアンバーで出会いを求めるにはぴったりでしょう!

Bar 空-urue(ウルエ)レディースオンリーバー

urue_1

https://ameblo.jp/ike-bianbar/

1軒目にご紹介したいのは、池袋二丁目にある「空-urue-」

「池袋にあったらいいな」を形にした女性限定バーで、池袋駅西口から徒歩約6分の立地にあります。

 

大きな緑のソファが特徴の内装で、カウンターとテーブル席がある、20名規模のお店です。

店内は、家庭的で居心地の良い雰囲気。

 

美味しいお通しをつまみながら、ゆっくりお酒を楽しみたい、20代後半以上の大人の女性が通っている印象です。

 

料金システムとしては、

チャージ料 500円

1ドリンク 700円〜

と良心的です。

バーの中も落ち着いた雰囲気でゆったりできます。

 

最新情報は、お店のブログをご確認ください。

ブログ:https://ameblo.jp/ike-bianbar/

 

筆者自身も、池袋在住のビアン友達と、空-urue-さんにお邪魔したことがあります。

店主さんが用意してくれるお通しが本当に美味しいので、居心地の良さはもちろんですが、お通し目当てで足を運んだり(笑)

家庭的でホッとする味なので、気持ちまで癒されますよ。

 

肩肘張らずにゆっくりとしたい女性は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

■店舗情報

店名空 -urue-(ウルエ)
電話番号03-3980-7212(要予約)
住所東京都豊島区池袋2-61-15 1F
定休日水曜日
予算3,000円前後

 

Heart(ハート)ウーマンオンリーバー

 

2軒目にご紹介したいのは、池袋二丁目にある女性限定バー「Heart(ハート)」

1軒目にご紹介した「空-urue-」のすぐご近所にあるバーです。

 

カウンターが7席あるこじんまりとした店内で、赤いハートが目印の入口はちょっとだけディープな印象のお店です。

だけど、実際は店員さんや他のお客さんが気さくに話し掛けてくれる、とても和やかで楽しい雰囲気なんですよ。

 

年齢層は30代以上くらい。話が好きな、大人の女性が多いイメージです。

 

新規のお客さんも多く来店するとのことなので、初心者の女性でもすぐに馴染めるでしょう。

※2020年8月現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、通常定員数の半数未満で営業をしています。

 

最新の詳しい情報は、お店のブログをご確認ください。

ブログ:https://profile.ameba.jp/ameba/heart-116

 

料金システムですが、チャージ料金は1,000円、1ドリンク700円から楽しむことができます。

 

実際に行った方のレビュー

とにかく店員さんが気さく!とても話しやすいので、まったり話したい方には特におすすめ

店員さんや他のお客さんと、ワイワイ会話を楽しみたい女性は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

■店舗情報

店名Heart(ハート)
電話番号03-5396-0302
住所東京都豊島区池袋2-56-8 ホワイトBL地下1F
定休日日曜、月曜
予算2,500円前後

 

【女性限定】cafe & bar hinata.(ひなた)

hinata_1

3軒目にご紹介したいのは、池袋一丁目にある「cafe & bar hinata.」

ゆったりとした時間を提供してくれる、レディースオンリーのカフェ&バーです。

 

木目調のナチュラルな内装で、カウンター4席と、2人掛けのテーブル席が2セットの、まったりとしたあたたかい雰囲気のお店です。

ちなみに、店名hinata.の名前の由来は「日向ぼっこ」。

 

日向ぼっこをする時のように、まったりと過ごして欲しいことから名付けられたそうです。

落ち着いて飲みたい女性におすすめだと思います。

 

カフェメニューやスイーツも充実してくれるので、お酒が苦手な女性でも通いやすいのが魅力的ですよね。

 

また、がっつり食べられるフードメニューもあるので、ご飯を食べるついでに立ち寄れるのも、魅力のひとつ。

 

料金システムですが、チャージ料金は500円、フードやドリンクは500円台から楽しむことができます。

 

実際に行った方のレビュー

お酒はもちろん、それ以外のメニューも充実している。カフェメニューは、コーヒー豆から挽いてくれる本格派なので、気に入っています

 

まったりと日向ぼっこのような時間を過ごしたい女性は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

池袋の女性限定バーhinataに潜入!ビアンのお客が多い?

■店舗情報

店名cafe&bar hinata(ヒナタ)
電話番号03-5924-6569
住所東京都豊島区池袋1-1-4 第III絆5F
定休日火曜
予算2,000円前後

公式HP:https://www.hinata-im.com

落ち着いたバーを希望なら池袋へ

池袋には、以下のような女性限定バーが多い傾向にあります。

会話が楽しめる、アットホームなお店が多い

アルコール以外の幅広いメニューがある

年齢層は少し高めで、落ち着いた雰囲気

仕事帰りなどでもふらっと立ち寄りやすいのがおすすめですね。

 

1人で入りにくいな、と思うひとはアプリやオフ会で一緒にいける人をみつけるのも一つの手。

オフ会は以下でおすすめをご紹介しています。

【LGBT】レズビアン向けのおすすめオフ会まとめ

 

またアプリなら無料でスキマ時間にビアン女性に出会えるのでおすすめです。

【実際に出会えた】レズビアン向けおすすめ出会い系アプリ5選!

 

またビアンバーで気軽に知り合うのではなく、初めから「真剣な出会いをしたい」という方は、LGBT専門マッチングサービスがおすすめ。

リザライで真剣な同性パートナーを探せる!無料マッチングを使おう

専門のコンシェルジュが定期的にあなたにあった女性をご紹介してくれます。

まずは、「無料マッチングシュミレーション」であなたに合いそうな人をみてみるところから始めてみましょう!

 

新宿二丁目以外にもセクマイ女性が楽しめる場所がたくさんあるので、ぜひ池袋でも自分に合った素敵なバーを見つけてくださいね。

Bian’s mail magazine
bianmm_CTA